聡で平塚

皆さんご存知のように、看護師の休日については勤めている現場で違っています。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも一般的です。
一見、デメリットが多そうに感じるかも知れませんが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組向ことも可能ですので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。
看護師という職業は勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして厳しい労働環境であることなどが影響して他職種に転職する人も少なくないという話ですが、看護師の資格を持っているということは意外とその他のシゴトでも実際に役たつことがよくあります。例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関係やリラクゼーションサロン等といったシゴトでは、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。

あれは看護師を目指す学徒が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


料理人にとっての帽子とはまたちがう意味を持つ帽子だといえます。

けれども、昨今では、看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が特別な意味をもたなくなってくるのも時間の問題でしょう。

終電後カプセルホテルで上司に微熱伝わる夜が良いぞ

過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。



長く看護師として働いていると、各種の悩みが出てきますよね。
よく言われるものは不規則な休みでしょう。
せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの辛さがあるようです。
あるいは、単純に忙しくて休みが取れないケースもあります。
こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのの場合は、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を考えるのがいいかも知れません。
入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子もちの看護師からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。

おこちゃまの就学前の場合は数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、おこちゃまが小学校に上がると預け先がナカナカ見つからないというのが現実です。ですから、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も少なからずいます。シゴトをしつづけていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、勤めている職場の人間関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。一般的に看護師の多くが女性なので、モラハラ職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくありません。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。

辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して人間関係が良好で勤務に融通が聞くような職場を見付けて転職するのもアリだと思います。
皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。
病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社員も会社によって給与がちがうように、同じことが看護師にも言えます。町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになりますよ。
これらの事を考慮すると、平均的な看護師の年収が幾らだと言うのも、難しいものだと思います。あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使という呼称があるほど、世間一般では良い印象をもたれていることが多いと言えます。とは言え、看護師の現状はというと、給料としてはまあまあ貰えてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。
良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。